みんなアホだね

Stereo Tokyoファンのブログ

EDM-33 Stereo Tokyo、解散

StereoTokyoに期待をしてくれていたみんなに 「ごめんなさい」と「ありがとう」が伝わりますように。

 

ameblo.jp

 

f:id:syakste:20170705150429j:plain

いつものように、慈愛に満ちた細やかな気遣いあふれる表現で、6月29日、西園寺さんはpartyの終焉を教えてくれました。1月13日を最後に途絶えたStereo Tokyoの奇跡は、今年1度も5人が揃うことなく、夏を迎えぬまま終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:syakste:20161231080556j:plain

新年を迎えてもSexy Tokyoのまま戻らぬツイッター。新衣装が無いので私服で踊るメンバーたち、そして、1月13日を最後に発表されぬ今後の予定。水江さんは、担当を外されたんだなと思いました。また、担当を外されていないとしても、完全に、打つ手が無いんだな、と思いました。1月以降は、水江さんの主戦場は、完全に井上さんの方に移ったようでした。

 

あまり言いたくはありませんが、BiSさん復活により、少しずつ変化し始めた運命の歯車。

BiSさん再始動の際、某メンバー(名前は伏せます)「人も予算もBiSさんに取られちゃう」と不安な胸中をツイートして、すぐにツイ消ししていましたが、 ほんとに、潮目が変わったんでしょうね。

 平賀哲雄、西澤裕郎のおしゃべり居酒屋「じゃがいも」 vol.1 – LOFT9 Shibuyaにて

1月13日以降はマネージャーも失いました。いや、私はプー・ルイさんも嫌いじゃないし、渡辺さんはむしろ好きだし、松隈さんの音楽も大好きなので、、やるせないですね。

 

もちろん、勝負の年であった2016年、会社としては十分にリソースは提供したつもりなんでしょう。ELE TOKYO、EDMバス、EDMクルーズ、、投資しただけのリターンが無かったと言われれば、返す言葉がありません。

それでも、BiSさん、井上苑子さん、水曜日のカンパネラさんが軌道に乗る中で、このインディーズ魂に満ちた“つばさ”という事務所は、夏になれば、チャンスを与えると思っていました。この夏が強烈に似合う破天荒なグループに、ひと暴れする機会が用意されると信じていました。

まさか、Especiaさんのように解散ツアーをさせてもらうこともなく、なんの正式なアナウンスをすることもなく、終わりにするなんてね。

正式な解散発表がされない理由ですが、まとめブログで読んだ2ちゃんの投稿にありましたが、

525: ファンクラブ会員番号774 2017/07/02(日) 09:20:17.38 id:AwLlWOv0
ステ福がまだ健在だから、楽曲の権利は残しておきたいのではないか?(公式で一切発表しない理由)

何かしらのビジネス的要因で、発表しないんでしょうね。

 

まさかこのまま終わらせないだろうと思ってました。大学受験だから。舞台が忙しいから。学生生活が落ち着くまで。ゆりな以外が18になるまで。。三浦さんの舞台が呆れるぐらい続いても、年末に一人でDJ修行に出ていた彼女の気持ちを疑うことはありませんでした。(タンバリンさんが、舞台漬けにしてステレオから遠ざけようとしているとは邪推しましたが。。)タイミングを見て、再始動はあると思ってました。

 

 

正直、「踊りたい」と言われても、じらされてるのか、SOSなのか分かりませんでした。いま思うとSOSなんですが、ヲタとして何か出来たのかな。。Perfumeが不遇の時代、なんとか解散させまいと、断続的に仕事を与えるために、掟ポルシェさんが様々なイベントに3人を呼んで踊らせたということがありました。

そんなふうに、よき理解者であったギュウゾウさんやアフロマンスさんに、窮状を訴えて、安いギャラでも使ってもらって、活動が途切れないようにして夏を迎えていれば、あるいは結果は違ったのかな、、、とか、考えてもしょうがないことばかり考えています。

 

それにしても、アイドル横丁をはじめ、連戦連勝で痛快だった昨年の7月。勢いそのままに畳みかけるハズが、負傷と悪天候と機材トラブルという度重なる不運。最終日以外うまくいかなかった、あの8月。すべてが万全な状態で最高の夏が過ごせていれば、結果も違ったのかな、って、そう思うと、涙が何度もあふれてきて、止まらないのです。

 

 

事務所が解散を宣告したのは、いつだったのかな。正式に決まったのは、5月の初めだったのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「楽しかった、また会いましょう」とハングルでツイートし、ステトー垢を残したままログアウトしてピリオドを打った椎名さん。その後にすぐ「再出発」とツイートして新しいアカウントを始めてくれたことには、とても救われました。終わりを受け止めつつ、未来に進もうという意志を感じ取ることができたからです。

 

「あの時のわたしたちのこと 今思い出すと笑っちゃう」

様々な苦難も、喜びも、いつか笑って思い出すことができるように、彼女たちは少しずつその一歩を踏み出しました。今は思い返すと涙しか出てきませんが、素晴らしい昂奮と数々の熱狂を、忘れることはないでしょう。本当に、ありがとうございました。あなたたち5人に会えて、幸せでした。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

EDM-32 Sexy Tokyo、絶賛開店中。

少女から大人へ。Stereo Tokyo活動休止の翌日、期間限定Sexy Tokyoが動き出しました。お披露目となった11月27日、クラブチッタのライブは公式以外にも2本動画があがり、Twitterには多くのsexyショットがアップされ、在宅も歓喜です。かつて、ここまで歓迎された衣装チェンジがあったろうかイヤ無い。

特に今回の衣更えで目を見張ったのが、最年少の東條優里亜さん(河村ゆりな)ですね。

f:id:syakste:20161202213033j:plain

リニューアルしたtwitter公式の画像を見たときから「悪かないなー」と思ってましたが、けっこう化粧が合ってますね。背が高くスラッとしてるから、衣装も映える。楽しんでやってる感じで、良きです。最近の「ヲイヲイヲイヲイ!」の煽りも絶好調です。

www.youtube.com

 このElectronでの「ヲイヲイヲイヲイ!」とか凄く痺れます。6分56秒~

f:id:syakste:20161202213757j:plain

煽りをキメた後に、カメラにドヤるのも好きです。

f:id:syakste:20161202214356j:plain

f:id:syakste:20161130220945p:plain

撮影:アーカーゲーさん。

 

もちろん、釈ステの推しは柊千早さん(岸森ちはな)で変わりありません。

f:id:syakste:20161202215159p:plain

撮影:#SexyPhotographさん。Party Peopleの決めポーズ。いやー、神々しい!

 

f:id:syakste:20161130220859p:plain

f:id:syakste:20161130221209p:plain

撮影:アーカーゲーさん。この小さいヒタタレ(名前知らん)が頻繁にめくれるんですが、その際に露わになる肩甲骨がそれはそれはSexy Tokyoです。あと、このタイツ?ストッキング?どっちか知りませんが、美脚をいっそう引き立たせておりまして、見惚れます。なんかタイツの薄さの単位を「デニール」というらしいんですが、この柊さんのデニールは丁度いいです!

東條さんのは柊さんのより厚めデニールのようですが、東條さんのはアレでいい。と思ってたら2回目のライブでは変わってたので、戻していただきたい!

 

むろん、Sexyといえば結月愛華さん(椎名彩花)を忘れちゃいけません。

f:id:syakste:20161130221044p:plain

撮影:アーカーゲーさん。

f:id:syakste:20161202220636p:plain

撮影:#SexyPhotographさん。

胸元を黒いリボンで隠してますが、動くととんでもない破壊力です。この人の踊りはほんとに国を転覆させる。そんな彼女の水着グラビア選手権企画は10日まで。vote for Ayaka!!

 

11月27日のクラブチッタお披露目ではクールに決めてくれたDJ藤堂七星さん(三浦菜々子)

f:id:syakste:20161202221520j:plain

 

2回目のパーティーでは思いっきり、ふざけてきました。「a-n」「wa-o」と効果音入れまくり。特に「Join Together Now」は笑った。8分52秒~

www.youtube.com

 

 一ノ瀬美咲さん(西園寺未彩)に関しては、ボケ担として機能してて尊敬します。

f:id:syakste:20161130221123p:plain

撮影:アーカーゲーさん。セクシーには程遠いけど、かわいいから良し。

 

 

 

どんなサービスがあるかは、積んでみないとわかりません。好きな子見つけてフォローして、指名して積みまくってください。

 

12月3日は名古屋に出張。愛華さんはインフルエンザで帯同しませんが、最初で最後のセクシー遠征を見逃すな! 

 

 

 

 

11月26日、クラブチッタ セトリ

Party People→Electron→Endless Dokidoki Mode→Next→Anthem→Another Dancing

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

11月29日、渋谷チェルシーホテル セトリ

Anthem→Join Together Now→Sidechain Love→Electron→Party People→Another Dancing

www.youtube.com

www.youtube.com

 

EDM-31 Stereo Tokyo、Sexy Tokyoに改名!

さよなら大好きな夏衣装。BiS再始動以来、人件費をBiSさんに回されてモチベーションの低下が心配されていた水江文人プロデューサーが、Stereo現場に帰ってまいりました。Stereo Tokyoは11月26日をもって活動中止。期間限定ユニットSexy Tokyoは、12月24日のパーティーまでクリスマスを大いに盛り上げます。

f:id:syakste:20161126212959j:plain

 発表の様子。

 

Sexy Tokyo始動に伴い、公式サイトもツイッターもリニューアルです。

 

藤堂 七星

とうどう ななせ (a.k.a.三浦菜々子)

f:id:syakste:20161126202651p:plain

 結月 愛華

ゆづき あいか(a.k.a.椎名彩花)

f:id:syakste:20161126202914p:plain

柊 千早

ひいらぎ ちはや(a.k.a.岸森ちはな)

f:id:syakste:20161126202725p:plain

一ノ瀬 美咲

いちのせ みさき(a.k.a.西園寺未彩)

f:id:syakste:20161126203156p:plain

東條 優里亜

とうじょう ゆりあ(a.k.a.河村ゆりな)

f:id:syakste:20161126203248p:plain

 

 

いやぁー、くだらない発表で良かった!三浦菜々子さんがブログで 

 

f:id:syakste:20161126203707j:plain

とか書くもんだから、ハラハラしました。リーダー、上手くなったな。

 

11月24日に14歳になったばかりの河村ゆりなさんは、セクシー路線だからって、無理しないでください。

誕生日おめでとうございました!

 

なお、セクシーと言えばこの人。「設定紹介」でも「当店イチオシ」とか言われてます。

そんな椎名彩花さんの挑戦中のブブカ水着グラビア企画は、そろそろ佳境!ブログ主のように、BUBKAを買ったのにまだハガキを投函していない方は、お忘れの無いように。11月30日の消印まで有効です。

web投票もあります。1day,1click. 

 【 投票についてのご注意 】スマホで投票する場合、ツイッターのリンク等からのアプリ経由で開くのではなく、投票ページ自体をChromeやSafariなどの「ブラウザで開いて」行なって下さい。

だそうです。

BUBKA ch| PLAYZONE

 

12月25日以降またStereo Tokyoが始まるのか、ハッキリしたことは分かりませんが、まぁStereo Fukuokaもいるので大丈夫。

 

yahooニュースにも来ました。ありがとうございます。

headlines.yahoo.co.jp

f:id:syakste:20161126213131j:plain

 

 

ともかく、やることは変わりません。

 

 

 

 

www.youtube.com

11月26日 HPB YURINA Vol 2 セトリ

1.Another Dancing
2.Party Goes On
3.Next
4.Sidechain Love
5.Endless Dokidoki Mode
6.Trap In The Life
7.Nemurenai
8.Advocacy
9.Run
10.With You
11.Join Together Now
12.Electron
13.Dancing Again
14.Awake
15.Anthem
16.Paty People
(曲の最後に誕生会主役の河村ゆりなドッキリ)

1時間4分から、活動中止のアナウンス。

EDM-30 Stereo Fukuoka 最後の6人party後編

後編。パーティーは続く。

10.Bの祝祭 (16分24秒から)

www.youtube.com

10月5日に披露されたこの曲、結局、6人で歌われたのは2回もあったのだろうか。

「バラバラの世界」「6つのオベリスク」「とおのく君」「再構築されるヴィジョン」…明らかに、別れを暗示させる歌詞。この曲が作られる時には、兼任解消は決まっていたんだなぁ。しかし、この曲調でアンクラスのサポーターソングって、どうなんだろう(笑

 

11.Buddhist Bounce

Bの祝祭からBuddhist Bounceへ。Beijing→Beautifulからの4連Bコンボ。

 最後の「はっ、はっ、はるか、とのかわはるか!」

 闘将藤松も、当然はるかコール。(47秒~)

 

12.Ligtning Field

27秒から。

 

Ligtning Fieldが終わると、鳴り響くAnthemのギターのイントロ。そして、あと2曲でpartyが終了であることがメンバーから告げられた。ステージ後方の階段に陣取ったファンたちから、フロアに次々と旗が投下されていった。

 

13.Anthem

 

14.Run 

ステフクで、最も沸く曲。モッシュ、ダイブ、バイオレンス。35分38秒~

youtu.be

 

狂乱と喧騒の中、幕を閉じるパーティー本編。メンバーがステージからはけると、すぐさまアンコールを叫んだ。

しばし、雄々しく野太いアンコールが続いた後、ステージに再び姿を現すメンバーたち。リーダー青井海優、アンコールへの感謝と、卒業の挨拶を述べた。

「今日でラストということなんですが、最後まで最高のパーティーにしたいと思ってます!今までありがとうございましたーっ!!」

卒業の挨拶に、殿川遥加が続いた。

「はる、あんまりステレオのほう出れてなくて、すごく申し訳ないんですけど…」 

「ごめんなさい」という思いを、いじらしく話す彼女。改めて、不器用な子だなぁと思う。ダンスは天才なのに、コミュニケーションはとても苦手。それでも、彼女は彼女なりに頑張って接しようとしているのだ。がんばったコミュニケーションの結果が、タイミング悪い「牛丼」でも、それはそれでご愛嬌だ。

兼任解消の発表の後、彼女もまたtwitterのプロフィールを書き換えていた。

f:id:syakste:20161125044803p:plain

今にも泣き出しそうに謝る彼女に、フロアからは、「大丈夫!」「しょうがない!」「気にすんな!」という声が飛び交った。みんな優しい。みんな暖かい。兼任は難しい。こんな結果になっても、それはしょうがない。アイドルやってくには、彼女の気持ちだけではどうにもならないこともある。だから、彼女が罪悪感を感じることなんて何もないのだ。

 

アンコールは、いま一度Healing Youが歌われた。みんな大好きHealing You。歌い終わると、「ありがとうございました!」と頭を下げ、ステージから去っていくメンバーたち。いやいや、一曲は少ないだろう!とアンコールの怒号が起こり、マネー野村との交渉の結果、再びElectronが歌われた。そういえば本編では海優と殿川の二人でしか歌ってなかったのだった。マネー野村、選曲ナイス。

www.youtube.com

別角度からも。 

 

終演後、6人での深々としたお辞儀。お互いの背中にギュッと手を回した藤松と殿川。熱い抱擁だった。

 

f:id:syakste:20161125051759j:plain

 

終演後、しばらくして特典会が催された。参加者がメンバーとの写真撮影を済ませたのち、全員での集合写真が撮影された。撮影時の掛け声は、とあるファンの大学合格祈願だった。このアットホームな雰囲気も、ステフクの魅力だ。

 

こうして、青井海優mei藤松宙愛殿川遥加下野真奈福原麗の6人での、最後の公演は終わりを迎えた。

 

 

 

「アイドルに卒業なんて付き物だ」とか、強がりは言えない。大事な仲間を失って大打撃だ。それでも、前を向くしかない。

f:id:syakste:20161125054450j:plain

f:id:syakste:20161125054544p:plain

 

ただひたすらにpartyは続く。2人の思いも乗せて。