読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなアホだね

Stereo Tokyoファンのブログ

EDM-30 Stereo Fukuoka 最後の6人party後編

後編。パーティーは続く。

10.Bの祝祭 (16分24秒から)

www.youtube.com

10月5日に披露されたこの曲、結局、6人で歌われたのは2回もあったのだろうか。

「バラバラの世界」「6つのオベリスク」「とおのく君」「再構築されるヴィジョン」…明らかに、別れを暗示させる歌詞。この曲が作られる時には、兼任解消は決まっていたんだなぁ。しかし、この曲調でアンクラスのサポーターソングって、どうなんだろう(笑

 

11.Buddhist Bounce

Bの祝祭からBuddhist Bounceへ。Beijing→Beautifulからの4連Bコンボ。

 最後の「はっ、はっ、はるか、とのかわはるか!」

 闘将藤松も、当然はるかコール。(47秒~)

 

12.Ligtning Field

27秒から。

 

Ligtning Fieldが終わると、鳴り響くAnthemのギターのイントロ。そして、あと2曲でpartyが終了であることがメンバーから告げられた。ステージ後方の階段に陣取ったファンたちから、フロアに次々と旗が投下されていった。

 

13.Anthem

 

14.Run 

ステフクで、最も沸く曲。モッシュ、ダイブ、バイオレンス。35分38秒~

youtu.be

 

狂乱と喧騒の中、幕を閉じるパーティー本編。メンバーがステージからはけると、すぐさまアンコールを叫んだ。

しばし、雄々しく野太いアンコールが続いた後、ステージに再び姿を現すメンバーたち。リーダー青井海優、アンコールへの感謝と、卒業の挨拶を述べた。

「今日でラストということなんですが、最後まで最高のパーティーにしたいと思ってます!今までありがとうございましたーっ!!」

卒業の挨拶に、殿川遥加が続いた。

「はる、あんまりステレオのほう出れてなくて、すごく申し訳ないんですけど…」 

「ごめんなさい」という思いを、いじらしく話す彼女。改めて、不器用な子だなぁと思う。ダンスは天才なのに、コミュニケーションはとても苦手。それでも、彼女は彼女なりに頑張って接しようとしているのだ。がんばったコミュニケーションの結果が、タイミング悪い「牛丼」でも、それはそれでご愛嬌だ。

兼任解消の発表の後、彼女もまたtwitterのプロフィールを書き換えていた。

f:id:syakste:20161125044803p:plain

今にも泣き出しそうに謝る彼女に、フロアからは、「大丈夫!」「しょうがない!」「気にすんな!」という声が飛び交った。みんな優しい。みんな暖かい。兼任は難しい。こんな結果になっても、それはしょうがない。アイドルやってくには、彼女の気持ちだけではどうにもならないこともある。だから、彼女が罪悪感を感じることなんて何もないのだ。

 

アンコールは、いま一度Healing Youが歌われた。みんな大好きHealing You。歌い終わると、「ありがとうございました!」と頭を下げ、ステージから去っていくメンバーたち。いやいや、一曲は少ないだろう!とアンコールの怒号が起こり、マネー野村との交渉の結果、再びElectronが歌われた。そういえば本編では海優と殿川の二人でしか歌ってなかったのだった。マネー野村、選曲ナイス。

www.youtube.com

別角度からも。 

 

終演後、6人での深々としたお辞儀。お互いの背中にギュッと手を回した藤松と殿川。熱い抱擁だった。

 

f:id:syakste:20161125051759j:plain

 

終演後、しばらくして特典会が催された。参加者がメンバーとの写真撮影を済ませたのち、全員での集合写真が撮影された。撮影時の掛け声は、とあるファンの大学合格祈願だった。このアットホームな雰囲気も、ステフクの魅力だ。

 

こうして、青井海優mei藤松宙愛殿川遥加下野真奈福原麗の6人での、最後の公演は終わりを迎えた。

 

 

 

「アイドルに卒業なんて付き物だ」とか、強がりは言えない。大事な仲間を失って大打撃だ。それでも、前を向くしかない。

f:id:syakste:20161125054450j:plain

f:id:syakste:20161125054544p:plain

 

ただひたすらにpartyは続く。2人の思いも乗せて。